平成史上最悪のドラフト…ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない

タグ: , 2020/1/9

[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

 プロ野球のドラフト会議はチームを強化する上でもキホン中のキホン。ここで戦略を誤ってしまうと、未来のチーム編成に大きな穴が生じてしまいます。

 ヤクルトファンにとって、心の傷となっているのは2014年(平成26年)のドラフトです。新時代を迎えるに当たって、今一度、検証してみたいと思います。

1位 竹下真吾投手(ヤマハ)社会人NO1左腕

2位 風張蓮投手(東農大北海道)最速151キロの本格派右腕

3位 山川晃司捕手(福岡工大城東)高校球界ナンバーワンキャッチャー

4位 寺田哲也投手(四国IL香川)独立リーグNO1投手

5位 中元勇作投手(伯和ビクトリーズ)救援向きの即戦力左腕

6位 土肥寛昌投手(ホンダ鈴鹿)変化球も多彩な即戦力投手

7位 原泉外野手(第一工大)スケールの大きな和製大砲候補

育成1位 中島彰吾投手(福岡大)制球に優れたスライダーが武器の右腕

 寸評は当時のものです。どうでしょうか。即戦力を中心に華はないものの、なかなか悪くないドラフトのようにも見えます。名より実を取った、的な。

 しかし、現実は過酷です。2位の風張投手は4年目の昨季、53試合に登板し、2勝4敗、防御率4・37とチームの戦力になっていますが、その他の7人には厳しい状況が待っていました。

・合わせて読みたい→
この10年の神ドラフト史!この年、この球団の指名が最高すぎる(https://cocokara-next.com/motivation/the-history-of-the-draft-of-the-last-10-years/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧