いま注目の「16時間断食」とは?内臓を休ませて健康的に!話題のダイエット法

タグ: , , 2021/6/6

[文:あんしん漢方]

 年齢を重ねるごとに痩せにくいと感じることはありませんか?

今まで、健康的に痩せるためには1日3回の食事内容に気をつけて、適度な運動を行うことなどが推奨されてきました。

しかし、最近になって、少し異なる考え方のダイエット法に注目が集まっています。それが「16時間断食」です。

そこで今回は、食べ物を消化する器官(腸や肝臓など)を休ませて健康的なからだをつくる「16時間断食」について詳しくご紹介します。

・今すぐ読みたい→
お腹まわりの浮き輪肉がみるみるすっきり!簡単で効果的なダイエット法 https://cocokara-next.com/fitness/easy-and-effective-diet/

1.ルールは超シンプル。「16時間断食」の方法とは

「16時間断食」は、16時間食べないだけ、というシンプルなダイエット方法です。ここでは、断食の方法とルールを詳しくご紹介していきます。


1-1.「16時間断食」は内臓を休め、活性化する!
皆さんは、食べ物を口に入れることが食事と考えていませんか?実際は、食べ物を口に入れたあとも消化のために内臓は働き続けています。

1日3回の食事は、常に腸や肝臓などの消化器官を働かせている状態になるため、疲労が蓄積されています。すると、うまく食べた物を消化することができなくなり、痩せにくい体質になるだけでなく、老化にもつながる可能性があります。

「空腹こそ最強のクスリ」といわれるように、空腹時間を設けると内臓を休ませることができます。そして、内臓がしっかりと機能するようになればダイエット効果も期待できるのです。

そこで今回ご紹介するのが、昨今話題の「16時間断食」。この食事法は「8時間ダイエット」や「間欠的ファスティング(断食)」とも呼ばれ、ダイエットだけでなく健康面で多くのメリットが得られるといわれています。





1-2.「16時間断食」の方法・ルール
とてもシンプルで、8時間以内に1日のすべての食事をとるというものです。

8時間は何を食べてもかまわないとされていますが、他の16時間は内臓を休ませるために食事をしないようにします。もしも空腹感が我慢できなくなった場合は、ナッツを2,3粒つまむと良いとされています。

では1日のうち、どの時間帯に食べるのが最適かをご紹介します。

人間のからだには食べ物を消化吸収しやすい時間と、しにくい時間があり、12時〜20時が消化しやすい時間帯、20時~翌日4時が吸収しやすい時間帯、4時~12時が排出しやすい時間帯といわれています。

そのため、食事は12時~20時の8時間にすませるのがベスト。ですが、午前中から仕事や勉強、家事などをするにはエネルギーが必要ですので、朝9時~17時もしくは朝10時~18時の8時間のうちに食べることがオススメです。

夜遅くに食べると体内時計が乱れてダイエット効果が出にくくなると言われているので、夜間の飲食は控えましょう。

1-3.「16時間断食」はどのくらい続けるの?
16時間断食を実践する期間は、少なくても2~3週間は行いましょう。ダイエット効果を感じるためには継続することが大切です。初めは空腹感に慣れるまでつらいと感じることもあるかもしれませんが、この空腹感は意外と数日でなくなります。

実際に私が実践したときは、3日ほどで空腹感に慣れて徐々にその空腹感が気持ちよくなっていきました。さらに集中力が増した感覚もありました。このように「空腹ハイ」の状態になる方も多いようです。

自分の生活のリズムに合わせて食事をしない16時間を設定するだけという、とても簡単な方法なので、ぜひ実践してみてください。ただし、無理はしないようにしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧