1番ホールを無駄にしない!スコアアップの秘訣は1番ホールに掛かってます

タグ: , , 2022/6/16

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「1番ホールを無駄にしない考え方」をテーマに書いていきます。

これが出来るのと出来ないのではスコアは天と地程に変わります。

【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

1番ホールはその日の「情報」の倉庫

「1番ホールを制する者はゲームを制す」と大風呂敷を拡げても良いと思う程、1番ホールは大切です。

なぜなら1番ホールは情報の倉庫。ここでその日の自分の具合、調子を理解できればその後の17ホールを上手くゲーム展開できるからです。

・スッとアドレスに入れるか?
・気持は穏やかか?
・体のキレはどうか?
・距離感は合っているか?

ここで自身の状態を把握する。もし仮に絶好調なら、攻めのゴルフプランを描いても良いし、逆に調子が悪ければ守りのゴルフを狙っても良い。

大叩きしないプロはこの1番ホールでの情報を大切にします。だから大叩きしない。

調子が悪い状態でイケイケの「攻めのゴルフ」なんてしたらどうなるか?
調子が良いのに「守りのゴルフ」をしていたらベストスコアなんて出ません。

自分の状態を逐一把握し、そしてそれを忘れずにゲーム展開する。その為には1番ホールは極めて大切です。

球が曲がるのか曲がらないのか?曲がるならどっちの傾向が強いのか





ここからは具体例を挙げていきます。

まずは朝一のティーショット。打球はどんな状態かです。

持ち球が出たのか?または逆球だったのか?
曲がったのならどの程度曲がったのか?球の高低は?

そこで本日のティーショットの情報をゲットできる訳です。持ち球でイメージした通りの曲がり幅なら、「探り探りで打ったティーショットはそのままで良い!」という証。

次のホールも全く同じスイング、リズムと軌道で行きましょう。

反対に逆球が出たのなら何かおかしい。1番ホールだから捕まえに行き過ぎたのか、または体の捻転が浅かったのか?セカンド地点に行く際に、忘れないよう今のティーショットを思い出し、2番ホールへ繋げましょう。

アプローチの距離感も把握できる
情報はスイングだけでは当然ありません。自分の持つ距離感の合う合わないも測れます。

仮にセカンドショットがグリーンに乗らず、30ヤードのアプローチを残したとします。この「満振りできないアプローチの距離感」こそ重要です。

ラウンドしていて、なぜかアプローチが絶妙でパーを拾う展開を経験した事はありませんか?こんな時は大抵アプローチの距離感が合っているんですよね。

30ヤードのアプローチを打って見る。すると15ヤード程しか飛ばなかった。
すると、今日は「短めの距離感で打ってしまう日」という認定ができます。

以降は気持強めに打つ事で距離感が合うようになります。これも第一手目で状態を知れたからこそです。

2ホール目以降、同じような状況のショットがあったとして、そこでショートしては参考が生きていない事になります。

このアプローチの距離感はパターでも言えますね。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧