「肺腺がん」とは、どんな病気なのか

タグ: , 2024/6/9

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 がんによる死亡率は死因第一位!

その中でも「肺がん」を含む「気管、気管支及び肺の悪性新生物」は、第一位。

男女別でも男性で第一位、女性でも第二位となっています。

【関連記事】あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト





「肺腺がん」は、肺がんの中で最も多いタイプであり60%を占めています。

血液が酸素を取り込む肺胞にできるがんで、早期に発見して手術すれば完治する可能性が高いとされています。

しかし発症早期では全く症状が出ないことも少なくありません。

肺腺がんは、脳転移を起こしやすいという特徴もあるため、定期的な検査をすることが大切です。

転移の中でも最も恐れられている脳転移は、がん患者全体の10人に1人が発症しています。

脳転移の内、肺がんからが46%と圧倒的に多いです。

関連記事

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧