ほくろが多い・増える場合に気をつけるべき病気とは

タグ: , , 2022/12/10

 本日はほくろについて書かせていただきます。

なぜいきなりほくろかと申しますと。。。

先日パソコン業務してた際に腕が痒くて何かできてるかなと思いみてみたところなにもなかったのですが今までなかったほくろができてました。

ほくろはメラニン色素の兼ね合いってのは知ってるのですがメカニズムまで知らないためせっかくなので調べて載せようと思った限りです。

まず、ほくろとは、メラニンと呼ばれる色素をつくる細胞(メラノサイト)が変化してできる良性の出来物で、医学的には色素性母斑などと呼ばれます。

外部の刺激から肌を守るために、皮膚がメラニンを生成しますが、その過程でメラノサイトが活性化され、過剰に分泌されることによって皮膚に残り、ほくろとなります。

【関連記事】「足の裏のホクロ」は注意!病気の可能性も





ほくろが増える原因

①紫外線による刺激
太陽からの紫外線により、肌を守るためにメラノサイトが活性化され、メラニン色素が作られる過程で、ほくろが発生します。

②皮膚に対する外部からの刺激摩擦や圧迫など、皮膚に対する外部からの強い刺激があった場合にも、ほくろができます。肌荒れをしているときのメイクなども要注意です。

③生活習慣によるメラニン排出の乱れ
日常生活でのストレスや、睡眠不足、偏食といった生活習慣の乱れによって、メラニン排出のサイクルが崩れ、ほくろができる原因となります。

ほくろの種類

ほくろの種類としては、以下のようなものが挙げられます。

①単純黒子
皮膚の表皮の基底層と呼ばれる部位に、メラニンが集まることによってできるほくろです。

②色素性母斑
メラニンを生成するメラノサイトが皮膚内で何層にも重なってできるほくろを指します。

③老人性色素斑
老化・加齢によって、皮膚に後天的に増えていくほくろです。

ほくろのできやすい位置

ほくろができる位置としては、顔、首、腕、腰、足、おしりなど、身体中の至る場所が考えられます。

直射日光で紫外線の影響を受けやすい顔や手のひら、腕などには、ほくろが特にできやすい傾向があります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧