お酒はなぜ太る?筋トレとの関連性は?

タグ: , , 2019/7/12

 今回はお酒のことについて書かせていただきます。

 どうしてもお付き合いなどで飲む頻度が増えてしまう方など様々な方がいらっしゃるかと思いますが、ダイエットや筋力UPしたい方々のお身体にどんな影響があるのか?ではどうしたら良いのか?

 参考にしていただけたら幸いです。

お酒はなぜ太る?


 アルコールは1g=7kcalと高カロリーで、太ってしまった原因としてお酒とお答えする方も多いです。しかしアルコールは身体に蓄積されないため体内に残り脂肪として蓄積されることはありません。

 ではなぜお酒は太るのか!!理由は2つ

1. アルコール分解が優先される
アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、肝臓は他にもエネルギーを貯蔵する働きなどがあります。アルコールが体内に入るとアルコールを分解することを最優先に肝臓は働きだすため、エネルギーを貯蔵することが疎かになり、行き場を失ったエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

2. 満腹感を得られず、食欲増進
上記1のようにエネルギー貯蔵が行われていないため、血糖値のコントロールが低下してしまい、満腹感を得ることが困難になります。また、アルコールには胃酸の分泌を増やし、消化を促す作用があるため、食欲を増進させ、結果、食べ過ぎ、カロリーオーバーを招いてしまうのです。

 このような原因により、お酒は太りますが、おつまみ等食べなければ良いという問題ではありません!!アルコールを分解する過程で肝臓での中性脂肪の合成が促進され、脂肪肝(肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態)を誘発するため、肥満、糖尿病、高脂血症、肝硬変などの原因にもなります。

・合わせて読みたい→
お酒を飲むと太る?アルコールとの上手な付き合い方(https://cocokara-next.com/food_and_diet/good-at-socializing-side-of-the-liquor-st/)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧