魚を食べて頭もカラダも元気に!知っておきたい魚を食べるメリット

タグ: , 2022/8/21

魚を食べよう!知っておきたい魚を食べるメリット

 肉類を減らし、魚を食べる回数を増やすことで得られるメリットを確認しましょう。

動脈硬化予防や心疾患予防を期待!
魚に含まれる脂質の多くは不飽和脂肪酸といい、中でも青魚(さば・さんま・いわし・あじなど)に多く含まれるオメガ3系脂肪酸は、動脈硬化予防や心疾患(心筋梗塞・狭心症など)予防など、さまざまな働きが報告されています。

国立がん研究センターによる調査では、魚を食べる回数が多いほど心疾患のリスクが低下したことがわかっています。(※2)結果では、魚を食べる回数が週1~2回でも心疾患予防に繋がりましたが、週3回以上食べることでさらにリスクの低下がみられました。

魚を食べる回数が多いほど効果が期待されるようなので、「今食べている回数より増やす」ことを意識するといいでしょう。

認知症予防や記憶サポートも!?
青魚に含まれるオメガ3系脂肪酸の中でも、EPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)には、認知症予防や改善に効果があるといわれています。

魚の摂取量と認知症発症リスクについて、65歳以上の日本人を対象に行われた研究があります。(※3)その結果では、魚の摂取量が最も少ないグループに比べ、最も多かったグループは認知症発症リスクが16%減少したことがわかりました。

中でもDHAには、記憶のサポートをしてくれる働きも報告されており、機能性表示食品の関与成分としても知られています。

ダイエット中のタンパク質補給に!
肉類に比べると魚介類は、脂質が少なく、カロリーが低い傾向にあります。タンパク質は肉類と同様に摂れるため、脂質・カロリーをカットしながらタンパク質補給が可能です。

たら・かれい・ひらめ・かじき・まぐろ(赤身)などは、魚の中でも脂質が少ないものに分類されます。魚は旬によってさまざまな種類が楽しめるので、ダイエット中でも飽きずに取り入れられますね。





簡単に魚を取り入れるコツ3つ

面倒に思われがちな魚料理も、工夫すると簡単に取り入れることができますよ。

コツ①外食やコンビニで魚を選ぶ
外食やコンビニなどの利用が多い方は、魚を選ぶ回数を増やしてみましょう。

例えば、

・2回に1回は魚のメニューにしてみる(焼き魚定食、刺身定食、海鮮丼など)
・コンビニやスーパーのお惣菜(焼き魚、煮魚など)を利用する

といった具合に工夫してみましょう。

コツ②切り身で簡単調理
魚をさばいたり、おろしたりするのは大変ですが、切り身を使えば手軽に調理できます。最近では骨を抜いた切り身も売られているので、骨が苦手という方にもおすすめです。

魚料理は和食だけでなく、洋食や中華など、さまざまな料理に合うので、好みのメニューを探してみましょう。

コツ③缶詰を使ってさらに簡単に
魚の缶詰を利用すると、下処理や調理の手間が省けるので、手軽に魚を取り入れられます。

例えば、

・さばの水煮缶…煮込み料理やサラダなどに
・いわし・さんま・さばなどの味噌煮缶、蒲焼き缶…野菜と一緒に炒める、炊き込みご飯の具材にする

などと、さまざまなアレンジが簡単できますよ。

こちらのコラムでさばの水煮缶レシピを紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

自身が取り入れやすい方法を見つけて、魚を食べる回数を増やしてみましょう。ただし、妊婦さんは一部の魚をとり過ぎない方がいい場合があります。妊娠中の方は下のコラムを読んでみてくださいね。

【参考・参照】
(※1)厚生労働省 国民健康・栄養調査<https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html>(最終閲覧日:2021/03/25)
(※2)Hiroyasu Iso , Minatsu Kobayashi, Junko Ishihara, Satoshi Sasaki, Katsutoshi Okada, Yoshikuni Kita, Yoshihiro Kokubo, Shoichiro Tsugane, JPHC Study Group,“Intake of fish and n3 fatty acids and risk of coronary heart disease among Japanese: the Japan Public Health Center-Based (JPHC) Study Cohort I”,Circulation. 2006 Jan 17;113(2):195-202
(※3)Nozomu Tsurumaki. Shu Zhang. Yasutake Tomata. Saho Abe. Yumi Sugawara. Sanae Matsuyama. and Ichiro Tsuji,“Fish consumption and risk of incident dementia in elderly Japanese: the Ohsaki cohort 2006 study”,British Journal of Nutritio Volume 122,2019, 1182–1191
厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】頭痛、めまい・・・夏場の不調の原因は食事法にあり?薬剤師が教える「夏場の食事のポイント」とは
【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能
【関連記事】コロナ禍で「こむら返り」になりやすい!?おうち時間で「習慣にしたいこと」

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧