「ベストの睡眠時間は?」「眠りが浅くても大丈夫?」睡眠の悩みを医師がずばり答えます。

タグ: , 2022/7/15

 睡眠に関して悩みを抱える人が増えています。最近では「睡眠負債」という言葉も知られており、深刻化すると病気にもつながりかねないとあって注意が必要です。

 そこで今回は糖尿病、ダイエット、漢方専門医として疲労専門外来も行っている工藤孝文医師のユーチューブチャンネル「工藤孝文のかかりつけ医チャンネル」から睡眠にまつわる話題を取り上げます。

【関連記事】夜中に足がつることはありませんか?こむら返りの原因と対処法

睡眠時間のベストは?

 まず気になる睡眠時間について工藤医師は「議論の余地はある」としながらも、一般的には「7時間」がベストという見解を示しました。その上で年を重ねていくことで段々と眠りが浅くなっていくのは普通のことだともいいます。

 その主な原因は自律神経の乱れ。交感神経と副交感神経があり、互いにバランスを取って、体内を動かしていますが、年を取るにつれて、自律神経は乱れがち。そうなると「70をこえて7時間(連続で)眠れる人は少ない」と、どうしても睡眠時間は少なくなっていくといいます。





質のいい睡眠をとるためのポイントとは?

 では、体内時計を整え質のいい睡眠を取るにはどうすれば良いでしょうか。鍵を握るのは「入浴」と「朝の光」だといいます。

 良い睡眠を取るための1番簡単な方法は寝る2時間前に入浴すること。理由としては「体温が下がっていくときに脳は回復したり眠気が出るといわれている」ことから。その体の特性を生かし、「寝る2時間前に体を温めて、そこから体を1度冷やす」というのが、スムーズに睡眠に入るポイントだといいます。

 さらに入眠と同時に目覚めも快適な睡眠生活を送るために大事となる。「光刺激が1番体内時計を整えるのに良い」ということから、「カーテンを開けて寝てみる」ことを勧める。効用としては太陽の光で目覚めることが習慣化され、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質のセロトニンが生み出され、心地良い起床に結びつくという。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧