【ゴルフの飛距離を計算】クラブ・スイングスピードごとの早見表

タグ: , , 2022/5/18

みんなのスイングスピードはどの位なの?


ドライバーでのスイングスピードの平均は男性アマチュアで33~43m/sと言われています。女性の場合は早い方でも33m/s程度となっています。

飛距離の平均が男性の場合200ヤード前後に対し、女性は150ヤード前後ですので、スイングスピードの差が影響しているのは明確ですね。

ちなみにプロのスイングスピードは男性で48.5m/s以上、女性で40.5m/s以上もありますので、当然飛距離も伸びると言う訳です。

自分のスイングスピードが他のゴルファーと大きな差があるようであれば、飛距離が足りない原因はスイングスピードにあると言えるでしょう。

スイングスピードを上げるためには?

では実際、飛距離を伸ばすためにどうすればスイングスピードを上げることができるのでしょうか?初心者でも簡単にできるポイントを紹介します。

力まず体の回転を使って、ヘッドを走らせること
飛距離を出そうとするとつい力みがちですが、これではスムーズなスイングを行うことはできません。スイングスピードを上げるためには途中で止まることなく力をインパクト時ボールに伝える必要があるため、スイングも滑らかであることが大切です。

しかし、力んでしまうと力任せにクラブを扱ってしまうため、腕でクラブを振ってしまうことになり、体の回転が上手くいかず、スイングスピードは落ちてしまいます。腕でスイングするのではなく、肩と腕の回転を使ってヘッドを走らせるためにも程よく力を抜くことが大切です。

アドレスからフィニッシュまで正しいスイングを身につけ、スイングスピードを上げていきましょう。

シャフトのしなりを力に変える
ゴルフのスイングはバックスイングからインパクト、そして振り切るまで弧を描くようにスイングをしています。また、その力を最大限に飛距離に生かすために、ゴルフクラブはシャフト部分に『しなり』を設けています。

ゴルフクラブはグリップ側よりフェース部分が重い構造をしており、スイングの際にはシャフト部分より遅れてフェースが動いています。

この遅れをインパクト時にピタリと合わせることができれば、スイングの力に加え、『しなり』が戻ろうとする力が加わり、スイングスピードは必然的に上がると言う訳です。





グリップを優しく握ろう
先ほども触れましたが、体の回転、ゴルフクラブのしなる力を上手くインパクト時、力に変えるためには、グリップを緩く握ることも大切です。

ゴルフは遠心力でボールを飛ばすため、その力を生かすにはかなり弱い力でグリップを握ることが必要となります。

ほんの少し、力を抜いたらゴルフクラブごと空に飛んで行ってしまうようなイメージで、グリップを握るようにしましょう。

シャフトをできるだけ長く持つ
ゴルフクラブは飛距離が出るクラブほどシャフトが長く作られています。これは、シャフトが長ければ長いほど、遠心力が上がり、飛距離を生み出せるからです。

ドライバーには長尺と言うカスタマイズメニューがありますが、これも飛距離に直結する理由からです。アイアンよりウッドが難しいと言われるように、シャフトの長いクラブになればなるほど扱いは難しくなりますが、飛距離は伸びることになります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧