お酒で赤くなる人、ならない人、がんのリスクは違う?

タグ: , , , 2022/8/23

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 お酒に含まれるアルコールは胃や腸で吸収され、血液を通して全身に行き渡ります。





お酒を飲むことで顔などが赤くなるのは「アセトアルデヒド」の作用です。

これにより脈拍が上がり、その結果として、血圧が上がり、冷や汗が出る、筋肉が緊張するなどの症状が引き起こされるのです。

【関連記事】がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」

顔が赤くなる、ならない人の差には、アセトアルデヒドを分解する「アセトアルデヒド脱水素酵素」が大きく影響しており、その人の遺伝的要素によって決まると言われています。

では、お酒に弱い人と強い人のガンリスクに差はあるでしょうか。

中でも注意しなくてはいけないのは、

「元々弱かったけど、鍛えることでだんだん強くなった方」です。

たとえ現在はアルコールに強くなったとしても、体質は思っているほど変わらないため、体内にお酒が残りやすく、アセトアルデヒドの毒性に長くさらされやすくなります。

それによって咽頭がんや食道がんになる確率が高くなると言われています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧