足がつる中高年必見!寝てる時に足がつる原因と予防法とは

タグ: , , , 2023/1/12

 足がつって痛くて目を覚ます。

こんな就寝中のお悩みを抱えている方はとても多いです。

当院に通われているお客様、特に女性からよく聞く悩みの1つでもあります。

また、50代女性の約80%が寝てる時に足がつった経験があるとのアンケート結果もあるようです。

そこで今回は就寝中に起こる足のつり(こむら返り)についてとその予防法について説明をしていきます。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号





足がつる原因とは

まずは足がつるメカニズムについてです。

筋肉には過剰に伸びたり、縮んだりしないようにコントロールしてくれるセンサーが備わっています。この筋肉内にあるセンサーが筋紡錘(きんぼうすい)、腱にあるセンサーが腱紡錘(けんぼうすい)です。

通常はこの筋紡錘と腱紡錘が働いて筋肉の伸び縮みのバランスをとっていますが、腱紡錘の働きが低下すると筋肉が縮み続けてしまい足がつる状態になってしまいます。

足がつる原因に腱紡錘が関わってきますが、加齢とともにこのセンサーも衰えてくるだけでなく、歩き過ぎや歩き方によってふくらはぎが慢性的に疲労を起こしていることも考えられます。

その結果、筋肉が硬くなり、血液循環が悪くなるので電解質などのミネラルも運ばれにくくなります。

よく「足がつるのは水分不足!」とテレビなどで見聞きしますが、水分をたくさんとれていてもつってしまう人はいます。

もしあなたがそのタイプなら筋肉の状態を整えてあげることが必要です。

その方法がふくらはぎのストレッチになります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧