首が痛くて動かせない・・・その原因は?

タグ: , , 2022/12/2

 今回のコラムは「首が痛くて動かせない」についてです。

首が痛くて動かせないと言えば、寝違えが一番よく見かける状態ですが、一般的には筋肉の問題が強いことが多いです。

寝違えは、東洋医学では「落枕」と呼びますが、その原因は、「風寒の邪によって経筋が障害を受けて発症する。」というのが一般的です。
何を言っているのか分からないと思いますが、少し分かりやすく言うと、冷えによって筋肉の動きが悪くなってトラブルが出ることを、東洋医学ではこのように表現しています。(他にも解釈があるのですが、ここでは省略します)

また、別の考え方も東洋医学ではあります。それは、五臓六腑に原因があると考える考え方です。

突発的な問題であれば、ココまで考えなくても良いのかもしれませんが、よく寝違えたりするなど、頻繁に起こったり、普通、一週間もあれば治るはずなのに、二週間も治らないなど、回復に長引いたりしている場合には、五臓六腑のどこに問題があるかを考える必要があるかもしれません。

【関連記事】腕があがらないほどの痛み「四・五十肩」になる本当の原因





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧