肩甲骨内側が痛い・・・これってどんな症状?

タグ: , , 2022/12/6

 肩甲骨の間と言いますか、肩甲骨の内側と言いますか、ちょうど手が届きづらい場所が痛くなる人が、結構いらっしゃいます。

【関連記事】足がつる中高年必見!寝てる時に足がつる原因と予防法とは





ちょうど手も届きづらいですし、ストレッチもやりづらい場所です。

この肩甲骨の内側が痛くなるのは、いくつか原因が考えられます。

まず、普通に考えれば、無駄にその部分の筋肉を使い過ぎている。つまり、その場所には肩甲骨を背骨の方に近づける筋肉や首を持ち上げたり、胸を張る時に使う筋肉が主に入っています。これらの動作を無意識にやっているのを含めて、ある種のくせのような感じで痛みを出してしまう場合があります。

しかし、この場合は休息すれば症状は改善します。

臨床的によく見かけるのは、1)運動不足やある種の貧血のような状態(東洋医学的には血虚と言います)の場合。2)飲食の不摂生やある種の過労から血液の状態が良くない場合(東洋医学的には血虚やオ血と言います)。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧