実は怖い夏の冷え性!覚えておきたい原因と対策

タグ: , , 2021/8/2

 冷え性は寒い季節だけに起こる症状ではありません。気温の高い夏でも、冷え性に悩む人が増えています。冷え性ではないと感じている人も要注意。夏の暑さでカラダの冷えに気づかないということもあるんです。

冷え性は病気ではありませんが、血流が悪くなりカラダが冷えることで、胃腸の不調・不眠・肩こり・頭痛などの不快症状が現れるほか、免疫力の低下により病気にかかりやすくなります。たかが冷え性と思わずに原因と対策を知って改善しましょう。





・今すぐ読みたい→
マンネリ解消!お悩み別で選ぶ冷やし麺の「めんつゆアレンジ」3選 https://cocokara-next.com/fitness/noodle-soup-arrange/

夏の冷え性の原因4つ


1.食事量の減らし過ぎ
ダイエットのため、食べる量を極端に減らすと、体温を維持するためのエネルギーが十分に補給されません。

2.冷たい物のとり過ぎ
夏は、アイス・ジュース・そうめんなど、冷たい物を摂る機会が増えます。カラダがほてっていれば、冷たい食べ物が効果的に働きます。しかし、摂り過ぎると血流が悪くなり、冷え性を招きます。特に、氷を入れた飲み物ばかり飲んでいる人は、常温の飲み物も飲むようにしてみましょう。

3.運動不足
運動不足によって筋肉量が少ないと、カラダに必要な「熱」を十分に作り出せなくなります。さらに、血流が悪くなるため、作り出した熱をカラダの隅々までうまく運べなくなってしまいます。 座りっぱなしの時間が長かったり、運動する時間が少なかったりする人は生活習慣の見直しが必要です。(※1)

4.室内と外の温度差
冷房のきいた涼しい部屋に長い時間いると、カラダがその温度に慣れてしまい、外に出た時との温度差に順応できなくなります。すると、自律神経が乱れ、体温や血流の調整がうまく出来なくなって冷え性を引き起こします。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧