管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?

タグ: , , 2021/6/24

3.緑黄色野菜
かぼちゃと人参の豆乳ポタージュ

監修:住岡昌恵シェフコメント

かぼちゃや人参に含まれるβカロテンやαカロテンは、必要に応じて体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜・目の健康維持に働くと言われています。また、βカロテンやαカロテン、かぼちゃに含まれるビタミンEは強い抗酸化作用があり、体の酸化を防ぐことで、アルツハイマー型認知症の原因物質が蓄積しないようにしてくれます。これらの成分は油と一緒に取ることで吸収されやすくなります。油と一緒に調理する料理がおすすめです!

4.豆類、豆製品
大豆のフムス または 大豆と赤玉ねぎのマリネ

監修:住岡昌恵シェフコメント

大豆にはレシチンという、神経伝達物質を生み出す成分が含まれています。神経伝達物質とは、視覚や聴覚で得た情報をスムーズに伝達する為に必要な物質で、これらが不足すると、記憶力の低下が引き起こされると言われています。日ごろから大豆製品を摂取することで、生活習慣病予防にもつながり、健康維持に役立ちます。一日2品以上摂取することが望ましいとされています。

5.亜麻仁油、えごま油、オリーブオイル
トマトと豆苗、ズッキーニの荏胡麻油サラダ

監修:住岡昌恵シェフコメント

トマトのリコピンも抗酸化作用大です!また、ビタミンCを十分摂取するとアルツハイマー型認知症のリスクを1/10にまで軽減できたという調査結果も報告されています。えごま油は熱に弱いので、このようにサラダなどで食べることをお勧めします!えごま油は体内でDHAやEPAに変わり、脳の神経細胞が柔らかくなり栄養が入りやすくなります。1日小さじ1杯程度が目安です。そこで、ズッキーニなどの葉酸を多く含む食品を一緒に取ると、より認知機能低下予防につながると言われています。

管理栄養士・住岡シェフコメント

「脳の健康」を意識した食事は、生活習慣病予防と同じで、日々の積み重ねが大切です。荏胡麻オイルなど、普段使ったことのないお宅も多いかと思いますが、これを機に、ぜひお試しください。





[文:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
知ったら買いたくなる!赤パプリカが超使える理由 https://cocokara-next.com/fitness/red-paprika-of-summer-vegetables/

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧