その症状、冷房病かも?症状や対処法とは

タグ: , 2022/8/7

 夏になると誰もが利用するのが冷房。

暑い中、冷房の効いた室内に入ると涼しくて気持ちいいですよね。

しかし、ついつい冷房を効かせすぎてしまうと 体調不良の原因になることも・・・。

今回は、冷房病の対処法についてご紹介します。

冷房と上手に付き合いながら、快適な生活を送りましょう。

【関連記事】「快眠につながるエアコンの適切な使い方は?」室温と体温の上手なコントロール法を医師が解説!





冷房病でおこる主な症状

体の冷え、だるさ、頭痛、食欲不振、腹痛、下痢、肩こり、不眠、便秘、生理不順 など

冷房病の対処法とは?

冷房の標準の設定温度は25℃~28℃が良いとされていますが、人によって体感温度は異なり「寒い」と感じない温度が基本の温度だと言われています。

部屋を冷やしすぎず、冷気から体を守りましょう。

屋外やオフィスなどの自分で温度を調整できない場所では、靴下や腹巻をしたり、カーディガンを羽織るなどして寒さから身を守りましょう。

特に冷えやすい方は、腹部を温めると体の温度が上昇しやすいため、腹巻を利用すると良いと言われています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧