慢性疲労、睡眠不足の原因にも 正しい呼吸法で心身のバランスを整えよう

タグ: , , 2022/9/6

 私たちが普段、無意識に行っている呼吸。忙しいときやイライラしているときは、呼吸が浅くなりがちです。浅い呼吸を続けていると、さまざまな不調を招きやすくなります。正しい呼吸法をマスターしましょう。

【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは

■呼吸が浅いとどうなる?

たかが呼吸とあなどるのは禁物です。呼吸が浅いと、次のような不調を招く可能性があります。

●慢性疲労
浅い呼吸では横隔膜の動きが小さくなるため、血流が悪くなって、身体のすみずみまで酸素や栄養が行き届かなくなります。その結果、代謝が下がって、疲れがとれにくくなります。

●睡眠不足
呼吸が浅い状態では、夜になってもリラックスをもたらす交感神経が優位にならず、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりして睡眠の質が悪くなる傾向があります。

●冷え
1回の呼吸で取り込む酸素の量が少なくなり、体内の酸素が不足しがちに。全身に十分な酸素が行き届かなくなって、筋肉や細胞が酸欠状態に陥り、冷えにつながります。





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧