理学療法士おすすめ!ダイエット停滞期を乗り越える方法6選

タグ: , 2023/1/14

「だんだん痩せなくなってきた」
「ダイエットの停滞期はどう対処すればいいの?」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

ダイエットを始めて、最初の頃は体重がグングン落ちていくのに、だんだんと体重が減らなくなっていく停滞期。停滞期は結果が出にくいので、ダイエットに対するモチベーションが下がってしまいますよね。

そこで今回は、「ダイエット停滞期」を克服する方法についてご紹介していきます。ダイエットの停滞期で悩んでいる方は、ぜひご参考まで!

【関連記事】100歳超えのご長寿さんが食べているものは?健康で長生きするためのオススメ食事法





1.ダイエットの停滞期はなぜ起きるのか?

体重が減らなくなったり、逆に増加したりしてしまうこともある停滞期。なぜ、ダイエットの停滞期は起こるのでしょうか。

停滞期の原因は、ホメオスタシスの維持が関係しているといわれています。ホメオスタシスは「恒常性(こうじょうせい)」とも呼ばれ、体重を一定の範囲内で維持し続けようという反応です。

ダイエットを行うことで、急激に食事量が減ったり運動量が増えたりして、体重が減ります。この体重減少をからだは異常反応ととらえてしまい、元の体重に戻そうとするのです。これは、飢餓状態から人間のからだを守ろうとする正常な反応です。

ホメオスタシスが起こると、基礎代謝が低下してエネルギーを消費しにくくなります。いわば、からだが省エネモードになっているわけです。

停滞期は、ダイエットを開始してから1か月程度、または体重の5%が減少したくらいで起こるとされています。また、停滞期は2週間で終わる方もいれば、1か月、長くて半年かかる方もいるといわれています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧