知っておきたい!血管がキレイになる食事法とは

タグ: , , 2023/12/9

低糖質食と並行して中性脂肪ダウン

加齢や喫煙も血液の状態を悪化させますが、脂質異常症の原因は食生活にもあります。暴飲暴食、偏食が肥満を招き、それが脂質異常症に。

ライザップのトレーニングと低糖質食で肥満改善と並行しつつ、脂質の改善を行う場合、中性脂肪&コレステロールの異常値を正常値に戻す手助けをする食品をとりたいところ。

夜に避けたいのは飽和脂肪酸です。バター、マヨネーズなどが該当し、LDLコレステロール値を増やしてしまいます。よく卵もやり玉に挙げられますが、厚生労働省研究班は、卵を食べる回数とコレステロール値、心筋梗塞の発症率に関連性はないという調査結果を2006年の11月に発表しています。

逆に積極的にとりたいのは青背の魚をはじめとした魚介類で、EPAとDHAが中性脂肪とLDLを減らします。また、赤ワインは、LDLの酸化を防いで動脈硬化に効果があるポリフェノールが豊富です。ただし、飲みすぎには注意。

肥満改善を第一に考えてライザップトレーニング&低糖質食を実行しつつ、動脈硬化を防ぎましょう。





[文:HOWZAP 【ハウザップ】 ライザップが運営するボディメイク情報マガジン)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】腎臓内科医が教える「コレステロール値の注目ポイント」。大切なのは善玉と悪玉の比率

【関連記事】その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて

【関連記事】まずは3キロ!2週間でダイエットを成功させるための4つの手順

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧