たばこは意思疎通を促す道具でしょうか?喫煙所はもういらない

タグ: , , , 2022/9/23

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

喫煙所は副流煙の発生源

 無駄な時間を費やす会議室よりも、喫煙所でたばこを一服しながら話している方が問題を解決するには効率的だと聞いた事がありました。さすがに会社の正面玄関に灰皿を鎮座させている企業はグッと少なくなりました。残念ながら消滅してはいませんけど。

【内科医監修サプリで二日酔い対策!】「闘魂しじみウコン(120粒入り) 」しじみ約700個分の「オルニチン」+ウコンの有効成分「クルクミン」100mg






それよりも従業員の入り口付近に、休憩する場所として喫煙所を設けている職場があります。わざわざ喫煙率20%弱となった喫煙者のために。設置した頃は福利厚生の一環だったのでしょうか?

福利厚生とは「雇用主が従業員向けに健康の増進や生活の充実をはかること」(※)です。

健康の増進をはかる・・・。はっきり言って、それは昭和時代の因習です。昭和時代の喫煙所の機能は、もはや負の遺構となっています。

令和時代となった今、果たして喫煙という行為が呼び水となって、その場に居合せた人同士が垣越しでお話しができているでしょうか?

たばこを吸いながら談笑している場面がないとは言えません。そのことよりもスマートホンのゲームやLINE、ショッピングサイトなどのインターネットサービスに見入っている人の方がずっと多いと思うのです。スマホで自分の世界に浸りきっている。電車の中吊り広告だって無くなりました。みなさんも殆どの乗客の視線がスマホに注がれている場面をご覧になっていると思います。

それと同じように、喫煙所はもはや社交の場ではなくなっている。副流煙の源になっているだけです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧