グリーン周りでダフリ連発!簡単ダフリ対策3選!

タグ: , , , , 2022/7/21

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「グリーン周りでダフリを連発する人への対策方法」をテーマに書いていきます。

グリーン周りのアプローチ…ここが強くなれば全てが好循環で回ると思うんですよね。

【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

アプローチが良ければ、セカンドショットが思い切り振れる。

なぜならこぼれても寄せれば良いという考えになるから、アイアンの切れ、メンタルが変わります。

当然アプローチが良ければパターのプレッシャーも軽減されます。

スコアを作る上で、精神的負担を減らす意味でもアプローチは重要。ゴルフが上手い人でアプローチが下手な人って居ませんよね。

つまりアプローチが上手ければ、自然とスコアが付いてくる訳です。

ただそうは言ってもアプローチは難しい。ダフッたりトップしたり、短い距離とは言え、「グリーンが目の前」なので欲が出てミスも誘発される。

今回はそんなミスが少しでも消えるよう、簡単なダフリ対策を紹介したいと思います。





1.右肘を体に付けて打つ

アプローチをダフらずに打つ。ポイントは全部で3つ。

1つ目が、「右肘を体に密着させて打つ事」です。

僕はアプローチでこれまでダフリ、トップ、シャンクと色々経験して来ましたが、どのミスショットにも対応できるのが「右肘を体に付ける」です。

この意識だけでミスショットが80%位減ったんじゃないかなって思います。

アドレスに入り、スイングの始動からフィニッシュまで終始右肘を体に密着させておく。

大抵ミスに繋がるのは手の動きです。体から手が離れればそれだけ手の自由が増え、オーバースイングになったり、アドレスの位置にクラブが戻って来なかったり、ズレたインパクトをしてしまう。

右肘を意識する事で、ふり幅やスイング軌道の「自由を奪う」のです。

たった1つのポイントですが、無駄な動きを抑制してくれるので距離感も合うし、インパクトも安定します。

60ヤード以内のアプローチなら、僕は必ず右肘は体に付けて打ちます。本当にミスに強いのでまずこれをお試し下さい。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧