食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか

タグ: , , 2022/10/20

 本日のテーマは『咀嚼(そしゃく)』についてです。

 咀嚼とは口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうことです。

皆様は食事中よく噛んで物を食べることができてますか?

私は、あまりできていませんでした...

今は、ちゃんとよく噛んでます。

なぜよく噛んで食べるようになったかというとメリットがたくさんあるからです。

そこで、よく噛んで食べることのメリットについて!

【関連記事】100歳超えのご長寿さんが食べているものは?健康で長生きするためのオススメ食事法





消化・吸収によい
消化酵素のアミラーゼを含む唾液の分泌を促し、胃腸での食べ物の消化吸収を促進する。
また、よく噛まないと、消化器官に余負担がかるそうです。

ストレス解消と肥満防止
楽しく食事をするということは、緊張をほぐし精神を安定させ、ストレス解消が期待できます。
また、食事に時間をかけることにより、満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満防止の効果も期待できます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧