下痢や便秘を招くような食生活は「がん」などの生活習慣病のリスクを高める?

タグ: , , , 2022/8/5

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 毎日を快適に過ごすためには、健康であることが大切です。

しかし、知らぬ間に身体は悲鳴を上げていることも…

そこで、今回は毎日の「お通じ」についてです。

健康を示すバロメーターとして昔から「快食・快眠・快便」などと言われています。

日々のご飯がおいしくて、よく眠れて、お通じも快調であれば、おおむね健康であるといえます。

体調が悪くなると、大抵これらの快適さが失われます。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号

1番理想的な「うんち」は、

色⇒黄色から茶褐色で、濃すぎず薄すぎない。

形⇒バナナ状(2本分程度)、かたすぎず、ゆるすぎない。

状態⇒適度な水分と細かい粒子で、便器にこびりつかない。

密度⇒水に浮く程度で、水の中でも形を保っている。

重さ⇒1回250g程度。

におい⇒あまり臭わない。臭くない。

このような健康な状態では、含まれる水分は約80%。

水分がこれより多いのは下痢気味、少なければ便秘気味といえます。

食後30時間から120時間で便になって排泄されると、一般的には言われています。

排便の回数は個人差がありますが、多い方で1日3回、便秘気味の方なら2~3日に1回、1週間に1回のペースの方もいます。





理想の状態は、黄~黄褐色。これは大腸内の善玉菌が元気な証拠。

善玉菌が元気な時、大腸の中は弱酸性になっており、胆汁分泌が抑制され、うんち全体が黄色っぽく色づきます。

しかし悪玉菌の勢いが強くなると、腸内は弱アルカリ性になり、色が黒ずんでしまいます。

においも、善玉菌優勢のときには、香ばしい程度ですが、悪玉菌が増えると強烈に臭くなります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧