免疫機能の維持に欠かせない「ビタミンA」の働きとは

タグ: , , , 2022/12/25

 ビタミンAには「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」の3つの成分がありますが、人間の体内に存在するビタミンAのほとんどが「レチノール」です。そのため一般的には、ビタミンA=レチノールとされています。免疫力の維持に関わる健康に欠かせない栄養素です。

【関連記事】筋トレ歴30年の筋トレ博士が伝授!バルクアップに必要不可欠な食べ物ベスト3とは

ビタミンAの働き4つ

1.視力の維持
「目のビタミン」と呼ばれ、視覚・視力に関係します。不足すると暗闇での目の順応低下がみられます。

2.乾燥肌の予防
皮膚や粘膜を健康に保つために働きます。不足が続くとお肌がかさついて弱くなるため、気になったときはビタミンAの補給を忘れずに。

3.免疫機能の維持・風邪予防
粘膜を丈夫にし、ウイルスの侵入をブロックします。風邪だけでなく、病気全般の予防に役立ちます。

4.老化予防
体内でビタミンAに変えられる「β-カロテン」には抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去します。





ビタミンAの摂取推奨量

ビタミンAの推奨量は下記になります。
男性:18歳~29歳 850μg/日、30歳~64歳 900μg/日
女性:18歳~29歳 650μg/日、30歳~64歳 700μg/日です。

過剰摂取が続いた場合
過剰症としては、頭痛・吐き気・脱毛・肝臓肥大・神経過敏などがあります。脂溶性ビタミンであるビタミンAは体内に蓄積されますので、サプリメントでの服用には注意が必要です。

不足が続いた場合
欠乏症としては、夜盲症(とり目)・角膜軟化症などがあります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧