あなたは大丈夫?偏食が体に及ぼす影響について

タグ: , , 2022/7/23

 今日は偏食が体に及ぼす影響についてお話ししたいと思います!

1.肥甘厚味の過食

「肥甘厚味の過食は、湿熱を形成します」

肥甘厚味とは、甘いものやねっとりとして味が濃いもの、油っぽく脂肪分が多い食品を言いますが、濃い味は熱を生みやすく、ねっとりとした物は湿や痰を生みやすいので、これらの食品は脾や胃の消化機能を低下させて湿熱を形成し、消化不良や消渇(糖尿病など)・眩暈胸悶・瘡瘍(腫瘍と潰瘍の総称)などの発病原因となってしまいます。

2.辛い物の過食

「辛い物の過食は、胃腸の熱をこもらせて陰液を消耗する」

辛い物とは辛くて熱い味で、過食すると胃腸に熱がこもり陰液を消耗してしまうため、口渇・便秘・痔出血・脘腹脹満などの症状が現れてしまいます。

【関連記事】食欲を抑えられない原因は◯◯不足





3.生物や冷たい物の過食

「生物や冷たい物の過食は、脾陽を障害して体内に湿気を取り込んでしまい冷える」

冷たい物を摂り過ぎると脾胃の昇降機能が失調してしまい、胃腹の冷痛や下痢などの症状が現れてしまいます。
また生野菜の摂り過ぎは、寄生虫の繁殖原因とも考えられています。

4.過度の飲酒

「過度の飲酒は、湿熱を生成し肝血を障害する」

お酒には香りがあり、湿気や熱の性質があります。香りは五味の辛い味に属し、発散や気の流れや血の流れの働きがあるため、少量のお酒の摂取は気血の循環を促します。ですが、飲み過ぎが長時間続くと湿熱が生まれ脾胃を傷めて肝血や心血を消耗して、痩せ・腹水・腹中のしこりなどをもたらします。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧