「眼の疲れ」は早めの対策がポイント!予防策やおすすめの食べ物とは?

タグ: , 2021/9/19

 テレワークやおうち時間が増え、眼の疲れが気になる方も多いのではないでしょうか。眼の疲れを放っておくと、眼のトラブルだけでなく、頭痛や首や肩こりといった症状に繋がる場合もあります。今回は眼の疲れの予防策から、眼の健康を守るのに役立つ食べ物についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
マスク着用時にメガネが曇るのを防ぐ方法 https://cocokara-next.com/lifestyle/how-to-prevent-glasses-from-fogging/

眼が疲れる原因ってなに?


眼が疲れる原因はさまざまですが、多くは「眼の使いすぎ」によるものです。眼の疲れが続き、眼通や眼のかすみ、まぶしさ、充血といった症状や、頭痛や首や肩のこりといったカラダの症状が現れ、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態を「眼精疲労」といいます。

パソコン作業が多い、またはスマートフォンを見ている時間が多ければ、眼の使いすぎによるトラブルが起きる可能性が考えられます。疲労が続くとカラダにも悪影響が出てしまうので、適度な休息をとりながら眼を使う作業をすることが大切です。

ほかにも眼精疲労の原因には、メガネやコンタクトレンズの視力が合っていないことや、別の病気が隠れている場合も考えられます。気になる症状が続く場合は、眼科の受診を検討しましょう。





眼の疲れの対策とは?

眼精疲労の主な原因である、眼の疲れを予防する方法や、疲れたときのリフレッシュ法をご紹介します。

パソコン作業やスマートフォンの操作は休憩をはさみながら
眼の疲れを防ぐには、まずは眼を酷使しない工夫が大切です。

パソコンやスマートフォンなどを1時間以上続けて使う場合は、間に休みを入れるか、一旦別の作業をするなどして、画面を見続けることがないように工夫します。ときどき窓の外や遠くを見て、眼を休めるようにしましょう。

ホットパックで休憩&リフレッシュ
眼の疲れや乾燥が気になるときは、ホットパックで眼の周りを温めて血行をよくしてあげましょう。疲れが軽くなるだけでなく、涙の蒸発を防ぐ油の分泌がよくなります。

水で濡らしたタオルをよく絞り、電子レンジで温めれば即席ホットパックになります。最近では使い捨てのアイマスクも販売されているので、そのようなものを使うのも便利ですね。

眼の体操やカラダのストレッチで緊張をほぐす
眼の疲れが続くと、全身が緊張している状態が続きます。眼の体操、体のストレッチで緊張をほぐしてあげましょう。

眼の体操は、両眼を見開いて上下左右をぐるりと見渡します。右・左回りで数回行ったら眼を閉じて少し休憩します。

カラダのストレッチは、首や肩などの上半身を中心に行いましょう。外を見ながら伸びをするだけでもリフレッシュできますよ。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧