ぷよぷよ下腹を撃退したい!脂肪燃焼におすすめのトレーニング

タグ: , , , , 2022/9/21

「下っ腹のお肉が気になる」
「シックスパックに割れたおなかを手に入れたい」

このようなお悩みや願望をお持ちの方には、クランチという筋力トレーニングが効果的です。クランチは、ぷよぷよになった下腹を撃退してくれるトレーニング法です。

そこで今回は、正しいクランチの方法をご紹介!ぜひ、日々の生活にクランチを取り入れてみてください。

【関連記事】アスリートに有効なフロントスクワット!体幹にも効く種目を筋トレ博士が伝授!

1.今すぐ手軽に始められる「クランチ」とは?

クランチとは、膝を90度に曲げて足を浮かせ上半身を丸めていく、腹筋を鍛える筋力トレーニング。自重トレーニングなので、特別な器具やスペースもいりません。忙しい日でも、ちょっとしたスキマ時間で取り組めます。

鍛えられる部位としては、腹直筋(ふくちょくきん)があげられます。腹直筋はシックスパックをつくる筋肉。腹直筋を鍛えることで、引き締まったおなかを手に入れられますよ。

また、腹直筋は腹直筋上部と下部に分けられており、クランチのやり方によっては腹直筋下部を集中的に鍛えられます。腹直筋下部はいわゆる下腹のところにある筋肉なので、ここを鍛えることでぷよぷよになったおなかの引き締めを期待できます。





2.効率的なクランチの方法

ここでは、一般的な「ノーマルクランチ」と、下腹によく効く「リバースクランチ」の2つをご紹介します。

2-1.ノーマルクランチ

ノーマルクランチは、基本中の基本です。腹直筋全体を鍛えられます。おへそを覗き込むように意識しながら行いましょう。

<ノーマルクランチのやり方>
1.あお向けに寝転がる。
2.膝を90度くらいに曲げ、両足を浮かせる。
3.両手を頭の後ろで組み、上半身を丸める。肩甲骨が床から離れるくらいまで。
4.10回3セットを目安にゆっくり行う。

2-2.リバースクランチ

リバースクランチは、両足を持ち上げて下腹を集中的に鍛えるクランチです。力を入れて、おへその下辺りを固めるように意識して行いましょう。

<リバースクランチのやり方>
1.あお向けに寝転がる。両腕は床につけて固定する。
2.両膝を伸ばしたまま、腹筋に力を入れて両脚を天井に向けて持ち上げる。
3.限界まで両脚を持ち上げたら、ゆっくり元の位置に降ろしていく。
4.10回3セットを目安にゆっくり行う。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧