知って対策!妊娠中に避けるべき・控えるべき食べ物とは?

タグ: , , , 2022/10/17

 妊娠中は食べるものに何かと気を遣うもの。でも食べ物に関する情報はたくさんあり、どう気をつけてよいか困っている方も多いのではないでしょうか。妊娠中に避けた方がよい食べ物、控えた方がよい食べ物について、正しい知識を身に付けておきましょう。

妊娠中に食べ物に気を付ける理由

妊娠中にとった食べ物の影響で、赤ちゃんの成長に影響するものや、中には早産や死産の原因となることが知られているものもあります。

妊娠中には、全く食べない方がいい「避けた方がよいもの」と、量に気をつけてとりたい「控えた方がよいもの」の2つがあります。しっかりと知識を身に付けておき、妊娠中は食べても安心な食べ物の中から食事を楽しむようにしましょう。

【関連記事】100歳超えのご長寿さんが食べているものは?健康で長生きするためのオススメ食事法

妊娠中に避けた方がよい食べ物

ナチュラルチーズ・生ハム・スモークサーモン・肉や魚のパテ
チーズ・生ハム・スモークサーモン・パテなどの食べ物には、リステリア菌という食中毒菌が潜んでいる可能性があります。感染することで、早産や流産、また赤ちゃんの成長に影響があることが知られています。妊娠中は免疫機能が低下し、一般の方に比べるとリステリア菌に感染しやすいため注意が必要です。

リステリア菌は加熱することで食中毒を予防できます。これらの食べ物は避けるか、しっかり火を通して食べるようにしましょう。

アルコール
妊娠中にお酒を飲むことで、アルコールが胎盤を通じて赤ちゃんに運ばれてしまい、低体重や奇形、脳障害などを引き起こす可能性があります。

少量の飲酒や、妊娠中のどの期間でもリスクがあることがわかっているため、妊娠中は完全にお酒を飲まないようにすることが大切です。

お酒だけでなく、洋酒がきいた洋菓子にもアルコールが含まれていることがあるため、パッケージを確認するなどして避けておきましょう。ただし、料理に使う料理酒は、火を通すときにアルコール分が飛ぶため、使用して問題ありません。





生肉や生焼けの肉
生肉や生焼けの肉を食べることで、トキソプラズマ という寄生虫による感染症のリスクがあります。

妊婦さんを通して赤ちゃんに感染すると、早産や流産の原因となるだけでなく、赤ちゃんの障害を引き起こす可能性があることが知られています。

トキソプラズマは加熱により死滅します。生肉は避け、肉類は中心までしっかりと加熱したものをいただきましょう。また調理するときに生肉を扱ったあとは、手洗いをしっかり行ってください。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧