乗り心地?それともキャディバッグが沢山つめる広々感?ゴルフにおすすめのクルマとは

タグ: , , 2020/6/24

[記事提供:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]


 ゴルフ場にはクルマで行くことがほとんど。

乗り合わせて行くことも多いゴルフでは、乗車人数と人数分のキャディバッグなどの重量が車重に加わり重たくなります。

またゴルフ場の多くは、街中ではなく山間部にあることが多いので、長距離ドライブや山道を走行することも想定されます。

そんなことを考えていると、どんなクルマでゴルフ場に行くのが良いのか気になってきます。

ゴルフに適したクルマはあるのか、どんな条件が考えられるのでしょうか。

・今すぐ読みたい→
実際に行って感じた【ゴルフ場のコロナ対策4選!】ゴルフ場に不安を抱く人は必読ですよ! https://cocokara-next.com/fitness/golfcourse-withcovid-19-measures4/

ゴルフに最適なクルマの条件

・性能面
・使いやすさ
・ゴルフ場へのアクセス

これらをまとめると適しているクルマにはいくつかの条件があります。

1組4人の大人が、1台に乗車してゴルフ場に行くと想定した場合を例にして、最適な条件をみていきましょう。

キャディバッグを多く積める
当然のことですが、ゴルフ場へ行くのでキャディバッグを載せる必要があります。

キャディバッグは高さが約130cm、重さは約10kg。4人分のキャディバッグがトランク又は最後部に載せられることが条件となります。

乗り心地の良さ
ゴルファーへのアンケートや口コミなどを見ていると、自宅からゴルフ場までの距離は15~50kmという回答が多数をしめます。

時間すれば1時間といったところでしょうか。 たった1時間程度の移動時間でも、座りっぱなしだと足がむくんだり腰が痛くなったりと、結構疲れるもの。ゴルフをする前に疲れてしまっては元も子もないですよね。

足が伸ばせて腰への負担も少ない、乗り心地がいいクルマで移動できれば同伴者も喜びます。





パワーがある
日本のゴルフ場のほとんどが、山間部に位置しています。

大人が4人で乗車して、4つのキャディバッグを載せている状況でも、問題なく山道を上がっていくパワーがあれば運転が快適です。

快適という前提でこれらの条件をクリアするには、排気量2000cc以上を選択することになります。快適さは人それぞれに感覚が異なりますが、少なくとも軽自動車ではこの条件をクリアすることは難しいでしょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧