基礎こそ大事!基本のパターの種類と打ち方、握り方とは

タグ: , , 2021/11/4

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 ゴルフで好スコアーを叩き出すために、絶対外すことのできないパット。

自分に合ったパター選びや日ごろの練習もとても大切です!

ここでは、そんなパターの基本をすべて紹介していくことにしましょう。

パターの種類と特徴


 ゴルフクラブの中でも、パターは特に種類が豊富です。

パターヘッドの形状だけでも、大きく分け3タイプがあり、

■ピン型 代表的な形状で、ミスに強いとされる

■マレット型 上級者向けでフィーリング重視。かまぼこ型。左右のブレを軽減させ、直線的なショットが打てる。

■ネオマレット型 ヘッドが大型で初心者の人でも扱いやすい

 また、ヘッドの形状以外にも、ネックの形で3タイプに分けることができます。

■ベントネック ネックがなく、シャフト自体を湾曲させたもの

■クランクネック シャフト中心線よりフェースが後方に下がったフルオフセット形状

■センターシャフト ヘッドの中心にシャフトが装着され、シャフトとフェースが一直線になったオフセットなし

 その他にも、グリップや素材などにも違いがありますので、一度お店で試し打ちをして、ご自身のフィーリングに合った、パター選びをしてみると良いでしょう。

・今すぐ読みたい→
【動画まとめ】ゼロからわかる 初心者のためのパターの打ち方10選 https://cocokara-next.com/fitness/golf-how-to-putting/

基本のパターの握り方3選

 初心者ゴルファーの方必見。今回は基本のパターの握り方3タイプを紹介していきましょう。

1.オーバーラッピンググリップ
最も一般的な握り方であるオーバーラッピンググリップ。
右の小指を左手に重ねることで、両手に一体感が増し、両手がバランスよく使え、ミスが少なくなります。

2.リバースオーバーラッピンググリップ
前述のオーバーラッピンググリップをもとに、指の重ね方だけを逆に握ります。
左手の人差し指を、右手にかけた握り方で、左手の使用をセーブできます。

3.クロスハンドグリップ
右手を左手よりも手前に握るため、右手首の余計な動きを抑える効果があります。
クロスハンドグリップは、方向性を高めることができる握り方と言えるでしょう。





 パターの握り方は人によって様々ですが、現状のスコアーに満足いっていないベテランの方も、再度基本を思い出し、パットの上達に生かしてみませんか?

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    足底腱膜炎という症状をご存知ですか?

    2021.12.08 フットネス
  • フットネス

    肩がこる原因と辛さ解消法

    2021.12.08 フットネス
  • フットネス

    不調の原因?「頭皮のむくみ」

    2021.12.08 フットネス
CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧