【ゴルフあるある】誰しも経験、ラウンド中必ず1ホールは大叩き!その原因と対策について

タグ: , , , 2022/7/19

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「ラウンド中、必ず1ホールは大叩きしてしまう!」をテーマに書いていきます。

順調にプレーしていたのに、それは突然やってくる…。

【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

ティーショットがOBになり、打ち直しもラフ。普段なら絶対にしない大ダフリをし、バンカーや池に捕まる。優しいライなのにありえないミスを重ね、グリーンでも読みと反対の方向にキレてタッチも全然合わず。

気付いたらダブルパー…。それまでは普段通りのプレーだったのに、特別調子を崩すような出来事も無かったのに。
むしろ調子良く、ベストスコアでさへ視野に入っていたのに!

無念と共にホールアウト。

こんな経験誰しもあると思います。僕も過去にはめちゃくちゃありました。

しかし、この大叩きする原因は放っておいてはダメ。
運が悪かったで片付けてはダメです。

なぜそうなったか、そうならないようにどうすれば良いか。

今回はこの1ラウンドで1回は訪れる大叩きについて、自信の経験を元に書いていきたいと思います。





【全員経験】必ず大叩きするホールがある!原因は何?

スコアを作る以上、「大叩き」は絶対に通ってはいけない道です。僕が今までベストスコアが出たプレーは、大叩きがないラウンドばかり。

つまり、18ホール中1回でも大叩きホールがあるとベストスコアは阻まれてしまう。だからこそ絶対に大叩きホールを作ってはいけない。

大叩きをすると、失う者は数字だけではありません。
当然、心の平穏も失われてしまうんです。

なぜあんな大ダフリを?
なぜシャンクが出た?
なぜ4パットもした?

突然やってくる感情の波に、頭は占領されてパニックになる。しかしラウンドは続いている訳で、すぐにまた次のホールがやってくる。

頭を切り替えなきゃとは思いながら、疑問や怒りの感情でまともなジャッジが出来なくなるのです。
良い流れというのは、「たった1ホール」で全て台無しになってしまう。

では大叩きしてしまう原因とは?

やはり「ミスを取り返そうとする欲の連鎖」が原因だと思います。

誰でもミスはするもの。ミスを犯した際、その傷を最小で済ませられれば良いのですが、どうしてもそのミスを取り返そうと無理なショットをする。

例えばトラブルショットですよね。安全にフェアウェイに出せば良いのだけど、1ヤードでも近付けたいので狭いグリーン方向に挑戦してしまう。

そうやってミスを取り返そうと、リスクのあるショットを打ち続けてしまう。

小さなミスが重なり、それを取り返そうとリスキーな攻めを繰り返し、最後の最後で大叩きホールを作ってしまう。

これが大きな原因だと思います。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧