ゴルフスイングの正しいインパクトゾーンを体感!

タグ: , , 2022/7/15

[文:ダイヤゴルフ]

アマチュアゴルファーが上達する方法

 上記はプロゴルファーの話ですがアマチュアゴルファーでも上達する方法はあります。最新の機械が入った練習場などで細かく計測するのも一つの手ではありますが、「ダイヤスイング531」を使用すれば実際にどこでインパクトをむかえているのか、どこで最速のインパクトが作り出されているのかを感覚的に把握することができます。

 全長約41センチの「ダイヤスイング531」を振るとシャフトが約20センチ伸びて音が出ます。まず、この「カーン」という音が気持ちよく、耳でスイングをイメージすることが出来ます。次にシャフトが伸びることで実際にスイングしているような感覚を持つことが出来ます。どういうことかというと、基本的に短い練習器具は振っていても重さが無かったり、オモチャみたいで何も感じられなかったりということがありますが、この「ダイヤスイング531」はシャフトが伸びることで重さも感じられ、通常のクラブでスイングをしているかのように感覚で練習ができます。

【動画】ダイヤスイング531





【シャロースイングの打ち方】飛距離アップは確実!3つのポイントを抑えて練習しよう!

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧