ゴルフトレーニング① 目指せ、スコアアップ!スイングスピードを上げるために

タグ: , , , 2022/7/29

 TPI認定者、ゴルフフィットネストレーナーの資格を保有し、アスリートのコンディショニングやトレーニングもサポートしているスポーツトレーナーに、ゴルフのスコアアップにも繋がるトレーニングを伺いました。ちょっとした時間にできる簡単トレーニングです。ぜひ、実践してみてください。

【アイアンレッスン動画10選】プロが教える脱初心者のアイアン打ち方まとめ

背中の回旋

スイングは、腰をひねる動きではなく、上半身と股関節の動きや回転が重要です。

腰ではなく、上半身がしっかりとねじれるようになれば、回転もスムーズに。そして、スイングのパワーがアップして、飛距離も伸びるはずです。

□Step.1

脚を肩幅に開き、利き腕が前になるように腕をクロス。

下半身は、膝を曲げてゴルフの構えのポジションを取る。

□Step.2

お腹まわりは固定し、胸まわり(みぞおちから上)のみを動かす。20回を目安に行ないましょう。

もし、左右差がある場合は、動きの鈍い側にプラス10回。

―ポイント―

頭、膝やお尻は、できるだけ動かさないようにしましょう。動くのは胸まわりのみ。

ゴルフトレーニングでは、「分離と協同」という言葉を使って説明することが多くあります。「お腹まわりは固定」「胸まわりを動かす」と、身体の部位を意識して、トレーニングしてみてください。正しい動きを身につけることで、多くのゴルファーを悩ます腰痛の予防にも繋がります。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】2打目がOBなら次は何打目?初心者にもわかりやすいペナルティの数え方
【関連記事】【ゴルフ】庭での練習はオープンフェースで!3つのメリットが得られます!
【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう





スポーツトレーナー 堤 由輔(つつみ・ゆうすけ)

堤 由輔

コンディショニング、トレーニング、リハビリ、機能解剖学や栄養学など、幅広い知識を持ち、国際大会への帯同実績もある。また、肩凝り腰痛など、慢性的な不調を改善する施術も得意としている。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー
TPI認定ゴルフフィットネストレーナー
JGFO認定ゴルフフィットネストレーナー
EBFA公認ベアフットリハビリスペシャリスト
IHTA認定メディカルトレーナー
食アスリートジュニアインストラクター

HP:https://www.jumpoutsports.com/
オンラインサロン:https://camp-fire.jp/projects/view/174227

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧