ロングアイアンで飛距離を伸ばす打ち方のコツ!あなたの飛ばない原因は?

タグ: , , , 2022/7/26

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 ロングアイアンは扱いにくいと考えるゴルファーも多く、最近ではロングアイアンを使わず、ユーティリティーやフェアウェイウッドを使っている人も増えてきました。しかし、ロングアイアンを使いこなすことができれば、多くのメリットを得られることになります!

苦手意識を持ってしまいがちなロングアイアンですが、練習して上手く使いこなせるよう練習を重ね、プレイの幅をぜひ広げていきましょう。

【関連記事】キャディ問題で処分の大西葵が謝罪文を発表。「本当に許せませんでした」「深く反省しております」と心境明らかに





ロングアイアンの特徴とメリット

特徴
ロングアイアンはクラブのロフトが立っているので、フェイスが寝ているショートアイアンに比べてボールが上がらず、低軌道になるため、ある程度の力がないと飛距離が出にくくなります。また、ユーティリティーやショートウッドと比べるとヘッドの形状が薄く奥行きがないので、重心は浅く高い位置にあり、ボールの芯に当てにくいとされています。このような理由からロングアイアンは打つのが難しいというイメージが先行して、アマチュアゴルファーは扱いやすいユーティリティーやフェアウェイウッドを使う傾向にあります。

メリット
ロングアイアンを使いこなすと多くのメリットが得られます。そのため、ロングアイアンにこだわっているプロゴルファーも珍しくありません。ロングアイアンは弾道が低いため、飛距離が出にくいと思われがちですが、低軌道であるがゆえに風の影響を受けにくいというのは非常に有利です。また、しっかりフェイス面を意識しながらスイングができるので、フェイス面をターゲットに合わせやすく、打球の方向性が安定します。さらにシャフトがユーティリティーやフェアウェイウッドよりも短いためクラブとしても扱いやすく、クラブヘッドが小さいので、深いラフや傾斜地でも安定したショットが繰り出せます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧