ゴルフスイングを変える!シャローイングは肩甲骨の動きで決まる!

タグ: , , , , 2022/11/9

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの池田です。

今回は肩甲骨のポジションについて解説します。

よく肩があがらないように意識してます!と聞きますが、根本の肩甲骨の位置があがっている状態ではいくら意識しても変わることは難しいです。 カット軌道や起き上がりの原因がここにあったりすることも多いです。

まずは自分の肩甲骨の位置をいい位置にするところから始めてみましょう!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

【関連記事】「シャロースイングの打ち方」飛距離アップは確実!3つのポイントを抑えて練習しよう!





 ご自身のスイングの動画を見ると肩があがっていることはありませんか?もしくは、レッスン等で肩が上がらないように。と言われることはありませんか。意識してもなかなか難しいですよね。ゴルフスイング中の動作中ではさらに難しいと思います。では、なぜ肩を下げるのが難しいのでしょうか。それは、肩甲骨のポジションが関係しています。

 肩関節の動きには肩甲骨のポジションがとても大きな影響を与えます。肩の関節は元々構造的に他の関節よりも色々な方向によく動かせるようになっています。そのため肩周りの筋肉や靭帯がそれぞれの動きを制御したり補助したりしています。その肩周りの筋肉がアンバランスになっていたり、硬くなってしまっていると肩甲骨のポジションは変化し、さらに肩の動きを制限してしまいます。

 では、肩が上がりやすい人の肩甲骨はどのようなポジションになっているのでしょうか。肩甲骨が外に開き、(外転といいます)、上に挙がっている(挙上といいます)状態になっています。肩甲骨のポジションがこの状態になっているとクラブをシャローに下ろすために必要な肩を外に回す(外旋といいます)動きが難しくなります。また肩がうまく外旋できないことでクラブが上から来やすくなってしまいます。

 肩甲骨がこのようなポジションになっている一番の原因は日常生活の姿勢や動作にあります。日常生活では肩の外旋と反対の動きである内旋の動きがとても多くなります。たとえば、パソコンを打つ時、読書をするとき、料理をするとき、様々なシチュエ―ションで肩は内旋しています。日常で肩を外旋させる機会が少ない方が多いのではないでしょうか。このような状態になっていると、意識だけで肩甲骨や肩を動かすことはなかなか難しくなっていると思います。

 実際には肩甲骨のポジションを正しい位置に戻し、肩の外旋の動きを鍛えていくことが必要になります。トレーニングを続けてい事で姿勢が改善するだけでなく、無理なくクラブをシャローに下ろしていく事が可能になります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧