肩こりになってしまう人の癖~肩は下がる?~

タグ: , 2022/7/23

 葛飾区のパーソナルトレーナー小澤源太郎です!足にこだわり、お客様の慢性痛の解決を目指しています!

現代の日本人の80%は肩こりを感じたことがあるそうです。みなさんはいかがでしょうか??

デスクワークの後、車の運転の後、重たい荷物を持った後、会議の後など肩が重たいな?と感じることはありませんか?

最近では、肩こりと呼吸の関係も色々言われていますが、自分一人でどうにかすることが難しいという話をたくさん聞きます。なので、今日は肩を下げる、ということにポイントを絞ってお話をしてみようと思います。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号





■なぜ肩こりがおこるのか?

 肩こりの方は、肩こりになる習慣が染み付いてしまっている場合が非常に多いです。なぜ、その肩こりが起こっているのか・・・それは、肩を上げる動作を覚えてしまっているからです。

では、肩を下ろすことできますか?その肩、本当に下りているのでしょうか?

■肩の上げ下げを認識する方法

 難しい肩甲骨の位置などは今回省きますが、自分の肩を上げたり下げたりすることはできますか?実はこれ、やっていただくと意外に出来ていない方がとても多いのです。鏡の前でやってみてくださいね。

・まずは立った状態でやってみる
①楽な状態で立つ
②肩をすくめる(首を短くする)
③肩を元の位置に戻す(楽な状態)
④その位置からさらに肩を下げる

やってみましたか??

肩が下がったでしょうか?意外に動かない方が多かったのではないでしょうか?

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧