肩こりになってしまう人の癖~肩甲骨を寄せられる?~

タグ: , 2020/6/23

■姿勢を改善するために意識したい「寄せる」

 前回の記事の「下制」と組み合わせて身に付けて欲しいのが、この「寄せる」動作、つまり、「内転」になります。肩甲骨が外に開くのを防ぐための動きになります。

では、やってみましょう。

・まず俯せで寝る(お腹が下)
①両腕を身体の傍に置いておきます。
②肩の前が床やマットなどについていると思うので、それを離すように肩甲骨を寄せていきます。
③この時、腕も一緒に動いてかまいません。

肩甲骨が寄り、下がることで、胸を張るような姿勢を作ることができます。その姿勢のままでゆっくりと深呼吸ができるようになりましょう。無理に力を入れすぎると肩に力が入ってしまうので、無理のない範囲でおこないましょう。

まとめ

 前回の記事と合わせてぜひ、この記事の内容も試してみて欲しいです。すべての方には当てはまらないかもしれませんが、自分自身に合うか合わないか、まずはぜひやってみてください。





【予約殺到!】DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川) パーソナルトレーニング 体験30分 5,900円(http://shop.cocokara-next.com/shopdetail/000000000033/)

[記事提供:http://natural-city.com]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
肩こりになってしまう人の癖①~肩は下がる?~ https://cocokara-next.com/fitness/habit-of-people-who-become-stiff-neck-01/

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧