生活習慣病、数値が低すぎも良くない?

タグ: , 2021/7/26

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 健康診断の検査結果、数値が高いだけが異常値だと思っていませんか?

実は低すぎも要注意。

一般的に、数値は高いと危険、低いほど健康だと思っている人が多いようですが、そうではありません。

・今すぐ読みたい→
その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて https://cocokara-next.com/fitness/signs-of-decreased-liver-function/


例えば、コレステロール。

悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールにも、必要なコレステロールを全身に届ける役割があります。

ヘモグロビン値が低いのは鉄分不足、アルブミン値が低いと肝機能が低下している等、必要な栄養が不足しているサインであることも。

そして女性に多いのが、中性脂肪の数値が低すぎる事。

過度なダイエットや食事制限を行うことで、身体が栄養不足の状態に陥ると、極端に低い数値を示すことがあります。

それとともに、疲労感を覚える、風邪をひきやすいといった身体の不調が現れます。

ダイエットをしていないのに、中性脂肪が低いという場合もあります。

短期間で大きな数値の変動がなければ問題はありませんが、「肝臓疾患」や、「アジソン病」、「バセドウ病」などの病気にかかっていて、中性脂肪の値が低くなっているケースもあるので注意が必要です。





30~40代になると、アルコールのとりすぎや、運動不足から、中性脂肪は上昇しやすい傾向にあります。

低すぎる場合には、「甲状腺機能亢進症」や、「肝機能」などの病気が考えられます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧