爪でわかる健康状態

タグ: , 2022/12/19

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 ふと指先を見ると 爪に線が入っていたり、いつもと色が違う なんてときはありませんか?

爪は体の一番末端にあるため、血流状態や栄養状態などが反映されやすい部分と言われています。

体調不良や、栄養が足りない時などには、肌が荒れるのと同じで爪の色や形にも変化が起きるそうですよ。

【関連記事】手洗いとアルコール消毒はどっちが良いの?医師が教える手洗い方法とその効果





■縦筋が入っている
乾燥や加齢によることが多いそうです。

ハンドクリームなどを用いて乾燥を対策しましょう!

■爪に横線がある
睡眠不足のような精神的ストレスや高熱などの肉体的ストレスなど、過度なストレスを感じている可能性があります。

爪は1ヶ月で約3mm伸びるので、横線の位置が根元から約5~6mmの位置にある場合は、大体2ヶ月前に強いストレスを受けた可能性があることが分かると言われています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧