舌でわかる健康状態! たっぷりついた舌苔(ぜったい)は異常のシグナル

タグ: , 2022/8/1

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 舌苔(ぜったい)という言葉を聞いたことがありますか?

舌の上についている白や黄色、黒い苔状の付着物のことをいいます。

この舌苔の付き方で口の中で起こっている異変や体調の不調が分かる事があります。

また口臭の原因の87%は口の中からきていると言われており、厚くついた舌苔が臭いのもとになっていることも多いです。

しかし、舌苔はどんな人にも必ずあり、異常な量でなければ健康に害はありません。

それでは舌苔はどのようなときに付いてしまうのでしょうか。

ストレス、不規則な生活、唾液の分泌量の低下、免疫力の低下、タバコやアルコールの摂取、胃の状態が悪いなどが原因としてあげられます。

【関連記事】毎日3杯のコーヒーで生活習慣病が改善できる! コーヒーと健康について





舌苔の色や状態で何が分かるのでしょうか、ケース別に原因をあげていきましょう。

・白い苔が全体的に薄くついているとき
 →健康的で理想的な状態です。

・白い苔が分厚くついている
 →唾液分泌の減少による自浄作用の低下
  胃などの消化器官が弱っているときに見られます。

・黄色い苔
 →食べ過ぎ、飲みすぎ、便秘の場合など
  食生活が乱れていないか見直す必要があります。
  熱や病気などが進行している場合にも
  白い苔に黄色い着色が現れることがあります。
  喫煙の本数が増えてくるとヤニの色で黄色くなってきます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧