良かれと思ったワークアウトが落とし穴に!? 知らないと損するスポーツブラの選び方

タグ: , , 2019/10/14

 ランニングなどのエクササイズを始めたら、胸のボリュームが減ってしまったという経験はありませんか?

それは、もしかしたら身に着けていたブラに問題があるのかも。せっかくエクササイズするなら、正しいスポーツブラを着けて、ボンキュッボンのメリハリボディを目指しましょう!

・合わせて読みたい→
栄養士が厳選!コンビニで選べるヘルシースナッキング5選(https://cocokara-next.com/food_and_diet/healthy-snacking-to-choose-at-a-convenience-store/)

 スポーツをするとき、ウェアにはこだわっているけれど、ブラはいつもと同じ、もしくはキャミブラという方も少なくないのでは?

でもちょっと待って! 間違ったスポーツブラを着けると、体型を崩す原因になるんです。そこで今回は、下着コンシェルジュの山田奈央子さんに、正しいスポーツブラの選び方をレクチャーしてもらいます。

運動すると胸から落ちてしまうのはどうして?


筋トレにはバストアップに効果的なものもあり、運動そのものが胸を小さくしてしまうわけではありません。では他にはどんな理由が考えられるのか……、それは胸の構造を知るとよくわかります。

胸の脂肪や乳腺は、乳房内に張り巡らされた「クーパー靭帯」と呼ばれる結合組織に支えられて、丸みのある美しい形がキープされています。
20代の若い女性の胸はブラをしなくても張りがあります。これは硬い乳腺が脂肪よりも多いから。加齢とともに硬い乳腺は減少し、40代以降になると、乳腺よりも脂肪の方が多くなり、胸はどんどん柔らかくなっていきます。

柔らかい脂肪が大部分を占めるようになった胸は、揺れ動きやすいから大変です。体を動かすと、胸の動きに合わせて「クーパー靭帯」も切れたり伸びたり。やがて脂肪を支えきれなくなり、下垂してボリュームが減ったような印象になってしまうのです。

「スポーツブラほどサイズに敏感になってください!」と山田さん。「クーパー靭帯」は一度切れたり、伸びたりすると、二度と元には戻りません。そのため、スポーツを行うときは、ジャストサイズのスポーツブラでしっかりと胸の揺れを抑えて、「クーパー靭帯」を守る必要があります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧