【ゴルフ】捻転差をアップし飛距離を出す方法(その2)

タグ: , 2020/5/13

[記事提供:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 みなさん、こんんちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか?

今回は菅原が担当させていただきます!

・今すぐ読みたい→
【トータルゴルフフィットネス】捻転差をアップし飛距離を出す方法 https://cocokara-next.com/fitness/how-to-get-the-flight-distance/


ゴルファーにとって飛距離は、重要なアドバンテージとなり、スコアアップにもつながる大切な要素の一つです。

それでは、飛距離をだすために、何が大切なのでしょうか。

いろんな要素があると思いますが、今回は飛距離アップにつながる柔軟性をアップさせる方法をお伝えします。

私が「ゴルファーに対しての柔軟性」と考える場合、大きくわけて3つの関節の動きを柔らかくすることを大切にしています。

1.股関節の動き
2.胸椎の動き
3.肩甲上腕関節の動き

ゴルフボールを遠くに飛ばそうとすると、本能的に 腕の力や左右の体重移動など、押す力や左右の移動を使おうとする傾向が強くなります。

しかし、ボールを遠くに飛ばすには、下半身を安定させ回転軸(背骨)をブラさず、ゴルフスイングの円運動をつくっている股関節・胸椎・肩甲上腕関節が柔らかく動かすことが非常に大切な身体の使い方となります。

今回は、この3つの関節を柔らかく使うトレーニングを行っていきたいと思います!

ぜひ、やってみてください!

1. 股関節を回す

仰向けの姿勢から、片足ずつ円を描くように股関節を大きく回します。10周回したら逆側に回します。外回し、内回しどちらが回しやすいか確認しながら行います。

2. 股関節を内側に捻る

仰向けの姿勢から、膝を90度に曲げ、片側の膝を内側に倒します。10回繰り返したら逆側も行います。膝を動かす意識ではなく、股関節から内側に倒すイメージをもちながら行います。

3. 胸を開く

横向きの姿勢から、頭の上に手を置き、真上を向くように上半身を捻じります。片側10回づつ捻じります。胸を大きく広げるように行うことで胸椎の動きが良くなります。

4. 腕を回す

横向きの姿勢から、片手で大きな円を描くように回旋させます。片側10回回したら、逆側へも回します。腕だけ回すイメージではなく、肩甲骨・胸・背中全体が大きく動くようなイメージで行います。

5. 肩を捻る

四つん這いの姿勢から、肩を内側に捻じりこむように動かします。肩から胸・背中全体が動くイメージをもちながら行います。左右交互に10回行いましょう。





[記事提供:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
【トータルゴルフフィットネス】捻転差をアップし飛距離を出す方法 https://cocokara-next.com/fitness/how-to-get-the-flight-distance/

菅原 賢(すがわら・けん)

日本オリンピック委員会医科学強化スタッフ
JGTO・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーのフィジカルサポートを行う傍ら、「ゴルフを一生涯できる身体づくり」をテーマに掲げゴルフ専門フィットネスクラブ「トータルゴルフフィットネス」を2007年に設立し、アマチュアからトッププロまで幅広い層のゴルファーのトレーニング指導を行っている。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧