体に負荷をかける!?短時間で脂肪を減らし筋肉を増やす方法

タグ: , , 2019/9/11

 成長ホルモンを上手にコントロールすれば、基礎代謝のアップが期待でき、筋肉量も増えて太りにくい体に。「代謝を上げて、筋肉を増やす」なんてなんだか大変そうなイメージですが、実は意外と手軽にできちゃうんです。しかも毎日やらなくてもOK!さっそく今日から始めてみましょう。

成長ホルモンって?


「長い時間のトレーニングが出来ない」という人は、短時間のトレーニングによる基礎代謝と筋肉量のアップを意識してみましょう。

そのカギを握るのが「成長ホルモン」です。成長ホルモンとは、脳下垂体前葉より分泌される「ヒト成長ホルモン(Human Growth Hormone)」と呼ばれる分泌物のこと。

成長ホルモンには、代謝を促進させ、脂肪細胞を燃焼しやすくする働きがあるそう。成長ホルモンが分泌されることで筋力がアップして基礎代謝が上がるので、太りにくい体質になるのだとか。

「多くの人は体重を減らすことに固執しがちですが、トレーニングせずに体重を減らすと筋肉量も減ります。同じ体積なら脂肪より筋肉の方が重いため、例えば同じ体重なら筋肉質の方が細く見えます。トレーニングによって脂肪を減らして筋肉を増やせば、より引き締まって見た目も美しくなりますよ」

体重の増減にこだわるよりも、成長ホルモンを味方につけて、代謝をアップし、脂肪をへらし筋肉を増やすことを目指した方が、より健康的に理想のスタイルに近づけそうです。

人間が若々しく健やかに活動する上で、かなり重要なホルモンなんですね。

・合わせて読みたい→
お酒はなぜ太る?筋トレとの関連性は?(https://cocokara-next.com/fitness/association-between-alcohol-and-muscle-training-tt/)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧