脳に疲れを感じたら。1分間休息と20分間仮眠を取り入れてみよう

タグ: , , , 2022/8/18

 今回は脳の疲労感を減らす方法のご提案です!





 私たちは情報の80%を視覚から得ています。

朝起きてから寝るまで、PC、スマホ、タブレット端末などを使い、目や脳を酷使している方多いのではないでしょうか?

デスクワークの方はお仕事中パソコンを見ているので、脳はとても疲れています。休憩時間もスマホを見ているとさらに疲れてしまいます。

午後になると眠くなったり、ぼーっとしたり、毎日疲れが取れない方におすすめの休息方法を2つご紹介します!

【テレワークでも使える!】計画仮眠で午後の作業効率をアップ

① まずは短時間でこまめにできる方法

「1分間目を閉じる」

脳は視覚からの情報を遮断しないと休めません。目を開けたまま休憩していても、脳は周りの景色などの情報を取り込んでしまいます。

トイレ休憩や自席で1分だけでも目を閉じて視覚からの情報を遮断しましょう。出来たら目元にタオルを当てて光も遮断できるとなお良いです。

ちょっとした隙間でできるので、1日に何度か行いましょう。

1分間だけでなく5分位でもOKです!

椅子の背もたれや壁に寄りかかって、身体は起こしておきましょう。

「あと○分後に起きる」と、心の中で何度か唱えてから目を閉じるとスッキリ目を開けられます!

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧