スライスを改善するゴルフボディの作り方~股関節編~

タグ: , , , 2023/1/2

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 皆さん、こんにちは。トータルゴルフフィットネスの菅原賢です。今回は身体視点でスライスを改善する方法をお伝えしたいと思います。今回は「下半身の動き、特に股関節の動き」に注目し説明したいと思います。

スライスしてしまう多くの方は、アウトサイドイン軌道でフェースが開いてスイングしてしまうのですが、股関節が上手く動かず、スウェイと言われる下半身が大きく動いてしまうことで、切り返しで上半身が突っ込んでしまったり、振り遅れがでてしまいます。今回はこの動きのエラーをなくすためのエクササイズとして有効な2つのエクササイズをご紹介します。

【関連記事】2打目がOBなら次は何打目?初心者にもわかりやすいペナルティの数え方





■股関節の内旋運動

片足を前に出し、テークバックするようなイメージで股関節に体重を乗せてきます。その際に、お尻にテンションがかかるように意識して股関節を捻じってきます。左右交互に10回行います。

■片足立ち股関節の内旋運動

片足立ちになります。バランスを取りながらゆっくり身体を捻じっていきます。バランスを取りながら体重がお尻にかかってくることを感じながら行います。左右10回づつバランスがとれてできれば合格です。

スライスを修正するための下半身の動きとしては、股関節の内旋動作をスムーズにすること」そしてバランスを崩さず、左右にぶれることなく「股関節の動きをスムーズに動かすこと」の2点をしっかりエクササイズすることで、スライスが改善されます。ぜひ、お試しください。

詳しく、知りたい方は動画をご覧ください。

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

【関連記事】アプローチにサンドウェッジは不要と考える3つの理由!ピッチング、ショートアイアン活用術

【関連記事】【打てたらヒーロー】バックスピンの打ち方3選!打ちやすいライや番手も紹介します

菅原 賢

2002年からJGTOツアー帯同トレーナー・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーを優勝に導く。2007年には、ゴルファーを一生涯ゴルフができる環境を作りたいと「トータルゴルフフィットネス」を東京新宿に設立。アマチュアからプロゴルファーのゴルフフィットネスの聖地として多くのゴルファーから支持されている。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧