ストレッチをウォーミングアップとしてするのは間違い!?

タグ: , , 2019/3/16

 アウトドアスポーツトレーナー、タイ古式マッサージセラピストの蛯名有里です。

ここ最近は、年末の大手フィットネスクラブ主催のハーフマラソンレースに向けて、一般ランナーのサポートをしていました。

・合わせて読みたい→
ストレッチで体を柔らかく!からだが硬いということのデメリットは?(https://cocokara-next.com/fitness/to-soften-the-body-in-the-stretch/)


 フィットネスクラブ主催のため、初めてハーフにチャレンジする方、そもそもランニング始めたばかりの方も多くいらっしゃいます。

ウォーミングアップには、まず軽いジョギングをしてもらいますが、よく「え、ストレッチしなくていいんですか?」と聞かれます。

フィットネスクラブに入会すると、入会ほやほやの方には運動のサポートがありますよね。

で、たいがい「ウォーミングアップには、怪我の予防のため必ずストレッチをやりましょう♪」と指導される。

そして、忠実にそれを守って、毎度トレーニングの前にはDVDを見ながらスタティックストレッチ※ をやっている方がたくさんいます。

※スタティックストレッチ
筋の収縮形態などによってストレッチにも色々な方法があります。「スタティック」とは静的なストレッチのことで、反動を使わず同じ姿勢をキープしつつゆっくり筋を伸ばす方法のことを言います。

しかし、そもそもウォーミングアップとは一体なんでしょうか?

ウォーミングアップとは、その名の通り体の各部位の温度を上げるために行うものを指します。冬場の寒い時期、UPをしないで走ったことのある方はお分かりじゃないでしょうか。

体の動きは硬いし、すぐ息切れしますよね。これからさらに寒くなりますが、UPがしっかりできれば大丈夫!

ウォームアップをしっかりすると、どんな良いことがあるのか確認しましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧