ダイエットは「犯人探し」と「宝物探し」!?グラフを書くだけの簡単ダイエット法とは

タグ: , , 2022/7/19

 皆さんは、「ダイエット」という言葉を聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?

「食べたいものを我慢している」「もっと食べたいけど控えておく」こんな、食に関連した経験をしている方は多いのではないでしょうか?

辛いイメージがあるダイエットですが、食べたいものを我慢せずに行なえたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

今回は、みやま市工藤内科の院長・工藤孝文先生のYouTubeチャンネル「工藤孝文のダイエット外来」より、ダイエット中の食に関して、ご紹介します。

【関連記事】10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選

世間一般に言われていることが、必ずしもその人に合うとは限らない。

効率のいいダイエット法は誰もが知りたいもの、そしてこの点について工藤氏は明確だ。「グラフを書くだけで体重が落ちる」。

一体どういうことなのか?

グラフを書くことの効用は様々あれど、大きいのは「太るものの犯人探し」と「太らないものの宝物探し」ができることだという。

普段から、同氏は日本肥満学会が作成したものをアレンジしたグラフを使用しているというが、グラフには主にその日の体重と食べたものを記載する形。そして記入することで、「何を食べたら自分の体重が増えるのか」「何を食べても自分は太らないのか」、といったような自己分析に繋がるといいます。





最近は糖質オフの影響もありダイエット中に避けがちな、お米ですが、実は日本人はお米を食べても太りにくい遺伝子があることも最近の研究でわかってきています。

加えて、

「意外にも、納豆やヨーグルトといったようなものを食べすぎて、体重が落ちない方もいます」

と、腸内細菌を活性化させるなど、体に良いとされるものを食べていても、効果が出にくいこともあると話しています。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧