どれくらいならOK?妊娠中に注意すべき魚の種類と摂取目安量

タグ: , , , , 2021/8/25

 妊娠すると、食べても安心な食材かどうか悩むことも多いはず。とくに魚は、良質なタンパク質やカルシウム、DHAやEPAなど、母体や胎児の成長に欠かせない栄養素が豊富ですが、食中毒やメチル水銀の蓄積が胎児に影響を与える可能性もあるので、種類によっては注意が必要です。妊娠中でも安心して魚を食べるために、注意してほしい魚の種類と摂取目安量についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/fitness/disease-of-the-gynecological/





妊娠中の魚の摂り方に気をつけたい理由

一部の魚には、食物連鎖によって人体に悪影響のメチル水銀を多く含むものがあり、極端に多く食べると、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されています。
お母さんがとり込んだメチル水銀は、胎盤を通してお腹の赤ちゃんに移行します。成人であれば、尿や便として排出されますが、赤ちゃんはメチル水銀を排泄することができないため、血液中のメチル水銀濃度が高くなりやすいのです。

注意が必要な魚の種類と目安量


 厚生労働省の「これからママになるあなたへ お魚について知ってほしいこと」(※)では、1回の量を80gとして、1週間に何回食べてよいか次のように紹介しています。

1週間に食べてもよい魚の目安
■2回まで食べてもよい魚(1週間あたり160g程度)
キダイ・マカジキ・ユメカサゴ・ミナミマグロ(インドマグロ)・ヨシキリザメ・イシイルカ・クロムツ
■1回まで食べてもよい魚(1週間あたり80g程度)
キンメダイ・ツチクジラ・メカジキ・クロマグロ(本マグロ)・メバチ(メバチマグロ)・エッチュウバイガイ・マッコウクジラ
■1/2回まで食べてもよい魚(1週間あたり40g程度)
コビレゴンドウ
■1/8回まで食べてもよい魚(1週間あたり10g程度)
バンドウイルカ

魚の種類と量とのバランスを考えて食べる事が大切です。

1週間に食べてもよい魚の組み合わせ例
キダイ80g    + クロマグロ40g
キンメダイ40g  + メカジキ40g
ミナミマグロ80g + クロムツ80g

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧