痩せやすい時期を知って効率的にダイエット!生理周期について知ろう

タグ: , , 2023/11/18

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

 ダイエットを頑張っているのに、生理前は食欲が増して過食気味になったり、甘いものが欲しくなったり。さらに、むくみで体重が増えやすくなったり、気持ちが落ち込んだりしてしまうことも。女性は生理周期により女性ホルモンのバランスが変わるため、「痩せやすい時期」と「痩せにくい時期」があるのです。生理周期と上手に付き合い、効率的にダイエットしましょう!

【関連記事】そのめまい、メニエルかも!?メニエル病のメカニズムとストレス





生理周期によるカラダの変化

ダイエットおすすめ期(痩せやすい時期)
生理が終わってから約1週間~10日の間はエストロゲンというホルモンの分泌が高まります。ダイエットに適しているのもこの時期です。
エスロトゲンは、排卵や妊娠の準備をするための女性ホルモンで、髪のツヤや肌の張りを保つなど、女性としての美しさを高めてくれる働きがあります。
また、エストロゲンには食欲を抑える働きや、体脂肪燃焼、代謝アップの働きもあると言われています。(※1)
さらに、生理前~生理中のむくみが取れ、自律神経が整い気持ちが安定する時期でもあるので、ストレスなくダイエットに取り組むことができると言われています。

のんびりおすすめ期(痩せにくい時期)
排卵後~生理開始前である約10日~2週間くらいの間はプロゲステロンというホルモンの分泌が優位になります。妊娠には欠かせないホルモンなのですが、ホルモンバランスの乱れから、PMS(月経前症候群)に悩まされる方も多く、ダイエットはお休みしたい時期です。
プロゲステロンには水分をため込んだり、大腸のぜん動運動を低下させてしまう働きがあるため、むくみやすかったり、便秘になりやすくなります。また、ホルモンバランスの乱れから、いらいら・疲れやすい・食欲増進などの症状が出やすく、心も不安定になりがちです。

そして、生理期の約1週間は、体温が下がり血行が悪くなったり、生理痛が起きたりとトラブルが起きやすい時期。
この2~3週間は、無理な運動は控えて心とカラダをゆっくりと休ませてあげましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧