お酒は百薬の長でありたい!生活習慣病とお酒について

タグ: , , 2022/7/8

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

お酒と生活習慣病は関係があります。

アルコール依存はもってのほか!

単純明快に言って、お酒の飲み過ぎはからだに毒です。だから肝臓が一生懸命になって解毒しようと働いています。

アメリカ・カリフォルニア大学のブレスロー教授が、寿命と関係する健康習慣を発見しました。

1.たばこを吸わない
2.定期的に運動する
3.1日7~8時間の睡眠をとる
4.適正な体重の維持
5.朝食を摂る
6.間食をしない

これらの項目は今から50年くらい前に発表されました。生活習慣を改善するために注意するべき点が、みごとに並んでいます。更にこの6つの項目の他に、7.自分に合った酒量を守るか、もしくは飲まないという事柄が入っています。(※1)現在推奨される睡眠時間については若干異なっているようです。

更に日本のがん対策基本法にはがんを防ぐための新12か条の中で、第3条に『お酒はほどほどに』というお酒にまつわる記述もあります。

「酒は百薬の長」と言われますが、これはあくまで、「お酒を飲む頻度」「お酒の種類」「摂取する量」などによって、からだに良いのか?悪いのか?が分かれるでしょう。

【関連記事】「夜間低血糖」を知ってますか? 飲酒時に気を付けたいあの症状とは





国立がん研究センターの「多目的コホート研究」いう、長期的かつ大規模調査が基礎となった疫学研究で、適量を超えた飲み過ぎにより、主な生活習慣病『がん』に対するリスクが高くなる結果が報告されました。お酒(エチルアルコール)の飲み過ぎがなぜからだに悪いのか?生活習慣病との関わりについて、簡単におさらいしてみましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧